不動産ハウツー

→ 不動産ハウツートップへ戻る

任意売却について

任意売却について

任意売却とは・・・

任意売却とは、債務者(借金をしている人)と債権者(金銭を貸している金融機関)の双方合意のもと、競売入札が開札される前に債務を整理して、競売(けいばい)の対象となる不動産を任意に売却する事です。
それでは、今後どのようにしたらよいでしょうか?誰でも悩むはずです。
しかし、少しでも早く対象不動産とあなた様の行く末を決めなくてはならないでしょう。
ここでは選ぶべき道のメリット、デメリットをわかりやすく表にしてみましたので、参考にして頂ければと思います。

任意売却のメリット・デメリット任意売却の流れ

任意売却のメリット・デメリット

条件 メリット デメリット
買戻し
  1. 身内・知人で協力してもらえる人がいること。
  2. 1.の方が現金をお持ちかローンの借入れが出来る事。
  1. 現状での生活が可能。
  2. 引越代がかからない。
  3. 低金利時代の為、今までより支払いが安くなる可能性あり。
  4. 債務処理が早くできる。
  1. 物件の名義は身内・知人になってしまう。
  2. 身内・知人を探すのが大変。
  3. その他、債権者がいる場合取り立てにくるケースがある。
  4. 手数料がかかる。
任意売却
  1. 抵当権者が提示条件を承諾すること。
  2. 物件の買主を探す事
    ※当社が買主になる事も相談可能。
  1. 引越費用を捻出できる。
  2. 先に引越をする事も可能。
    ※抵当権者との話し合い次第。
  3. 当社が買主になる場合決着が早い。
  4. 自分の意志が多少は通じる。
  5. 市場価格に近い値段で売却できます。
  6. 滞納している管理費、住民税、抵当権抹消費用、仲介手数料を支払わずにすむ
  1. 現在の住まいに居住することはできません。
競売
  1. 特にありません。
  1. 競売開札まで特になにもすることがありません。
  2. 上記 5.に同じ。
  1. 現在の住まいに居住できない。
  2. 自分の意志に関係なく物事は進行します。
  3. 強制的に退去させられます。
  4. 引越費用を自ら用意しなくてはなりません。
  5. 相場より安く売却されるので貴殿に残る借金も多くなります。

 下記のケースにあてはまる方!一度お電話下さい! 

  • 住宅ローンが返済できず、今月の住宅ローンを支払っていない。
  • 住宅ローンが返済できず、督促状が届いている。
  • 不動産競売を申立てられている。
  • その他、不動産関係(借地相続等々)の事でお悩みの方。
  • 最近、ご主人の仕事が不調で住宅ローン、その他支払いが心配な方。

任意売却の流れ

  1. 債権者から督促の電話や郵便が届く!
    届いてない方でも若干なり滞納状態にある方は予備軍です。
  2. 当社にご連絡下さい!
    少しでも早く!また売却を決めていなくても、とりあえずで結構です。相談無料!
  3. 売却契約の締結!
    売却を決めたなら、当社と共に売却する活動に入ります。
  4. 権者との交渉/合意
    当社が買主となる場合はより早い解決となります。
  5. 売買契約!
    購入希望者が現れ、売却金額に債権者の同意が得られれば購入者と売買契約を締結します。
  6. 引越先を探し始めます
    当社も通常より優遇してお手伝いします。
  7. 引越!
  8. 決済、買主にお引き渡し致します。
  9. 場合によっては債権者に生活状況を伝えなければなりません。
  10. 残債については各残債者によって対応が変わります。
  11. ローンから解放され再スタートです!!

 下記のケースにあてはまる方!一度お電話下さい! 

  • 住宅ローンが返済できず、今月の住宅ローンを支払っていない。
  • 住宅ローンが返済できず、督促状が届いている。
  • 不動産競売を申立てられている。
  • その他、不動産関係(借地相続等々)の事でお悩みの方。
  • 最近、ご主人の仕事が不調で住宅ローン、その他支払いが心配な方。